ダイエット

ビークレンズ・ラクビ・ビセラを徹底比較!何が違うの?自分にぴったりなのはどれ?

腸内フローラを改善させるダイエットサプリが評判です。

最近話題の腸内フローラダイエットサプリは
3つです。

  • ビークレンズ(B-CLEANSE)
  • ラクビ(Lakubi)
  • ビセラ(BISERA)

ネットで検索すると

  • 良い口コミ・悪い口コミ
  • 成分
  • 痩せる・痩せない
  • 価格

など情報が多く

どれを買ったらいいのかわからない!!

というのが正直な意見です。

そこで今回の記事では
3つの腸内フローラダイエットサプリの違いをはっきりさせ
貴方におすすめな商品が選べます。

今回の記事で分かること
  • 結局どの商品がおすすめか分かる
  • ビークレンズ・ラクビ・ビセラの違いが分かる
  • 自分に合ったおすすめ腸内フローラダイエットサプリを
    見つけることが出来る
スポンサーリンク

これで迷わない腸内フローラサプリ

腸内フローラダイエットサプリを
タイプ別で紹介します。

安いが一番のタイプ

  • あまりお金をかけたくない
  • 腸内フローラ改善だけでいい
  • 余分な成分は必要ない
  • ちょっと痩せるくらいでいい

価格重視タイプの方には

ラクビがおすすめです。

  • 1日1回カプセルを飲むだけ
  • 4ヵ月定期購入であれば1回70円
  • 腸内フローラ改善する成分しか入っていない
  • 解約の縛りなし

ちょっとお金をかけてもダイエットしたいタイプ

  • ダイエットだからお金がかかっても仕方ない
  • 腸内フローラ改善だけでいい
  • ダイエット効果以外も期待したい

価格よりも効果を重要視する方は
ビセラをおすすめします。

  • 1日1回飲むだけ
  • 4ヵ月定期購入であれば1回104円
  • 腸内フローラ改善する乳酸菌が一番多い
  • 善玉菌の合計は31種類配合
  • 植物性キトサンでダイエット効果以外も

ビセラは通常価格と4ヵ月定期購入の価格を比較すると
大きな差があります。

絶対4ヵ月続ける自身のある方には
定期購入をおススメします。

ただし注意が必要です。

善玉菌が31種類
1袋に1兆個入っています。

本気で腸をきれいにしダイエットしたいタイプ

  • ダイエットだからお金がかかっても仕方ない
  • 腸内フローラ改善だけでは満足できない
  • ダイエット効果以外も期待したい
  • 腸内をしっかりきれいにしたい
  • 飽きっぽいので断念しやすい
  • 便秘に悩んでいる
  • 体臭・口臭が気になる

せっかく腸内フローラダイエットサプリを飲むなら
本気でダイエットしたい

という方には
ビークレンズがオススメです。

  • 1日1回カプセルを飲むだけ
  • 4ヵ月定期購入であれば1回166円
  • ダイエット効果以外にも多くの効果がある
  • 腸内フローラ改善する乳酸菌多い
  • 酵素・酵母も334種類入っている
  • チャコールも3種類入っている
  • 美容成分も入っている
  • 難消化性デキストリンで便秘も解消
  • 20日間全額返金保証付きだから安心

4ヵ月継続した場合には
ラクビ・ビセラと比較して一番高いです。

高い理由は、
ダイエット効果以外にも多くの効果が得られるからです。

本気で腸の中を改善させるなら
それほど高い金額でもありません。

何種類もサプリを飲むことを考えれば
かなり割安です。

20日間全額返品保証付き!
ビークレンズのお得な購入は
▼こちら▼

本気で腸をきれいにしたい方はビークレンズ

電話をする女性
【ビークレンズの口コミ】飲んだ効果と悪い口コミについてビークレンズが海外セレブに評判と口コミで広がっています。1日1回飲んだだけ効果が出てさらに食事制限なし。そんなビークレンズの購入を考える方にビークレンズの口コミ・効果・もちろん悪い口コミも教えます。...

ビークレンズ・ラクビ・ビセラ成分比較

成分の一覧

ビークレンズ・ラクビ・ビセラに入っている
成分で比較しました。

成分ビークレンズラクビビセラ
乳酸菌
酢酸菌
酪酸菌
ビフィズス菌
その他の菌
短鎖脂肪酸
チャコール
酵素・酵母
難溶性デキストリン
オリゴ糖
植物性キトサン
サラシアエキス
その他の美容成分

菌で比較

腸内フローラを改善させるだけで比較すると
ラクビには

  • 酪酸菌
  • ビフィズス菌

しか入っていません。

腸内フローラは個人で様々なので
どの菌種が合うのか(=腸内フローラが改善されるか)は
飲んでみないとわからないのが結論です。

飲んでみないとわからないのであれば
菌種が豊富な

  • ビークレンズ
  • ビセラ

2つに絞ってみるとよいでしょう。

短鎖脂肪酸

短鎖脂肪酸は善玉菌が作り出す酸(有機酸)です。

短鎖脂肪酸には

  • 酢酸
  • プロピオン酸
  • 酪酸

などがあります。

短鎖脂肪酸は菌がエサとなる

  • オリゴ糖
  • 食物繊維
  • 難溶性デキストリン

などを食べることで短鎖脂肪酸が産生されます。

近年注目されている酪酸菌だけが産生する訳ではなく
ビフィズス菌などほかの善玉菌も産生します。

短鎖脂肪酸の効果は、非常に多いです。

短鎖脂肪酸の効果
  • 有害物質から腸を守るバリア機能の強化
  • 発がん予防
  • 肥満の予防
  • 糖尿病の予防
  • 食欲の抑制
  • 免疫機能の改善
  • 便秘の改善

ビセラには短鎖脂肪酸そのものが入っています。

ビークレンズ・ラクビには短鎖脂肪酸そのものは入っていません。

ですが、善玉菌が多く入っているので
腸の中で短鎖脂肪酸を作り出してくれます。

また善玉菌のダイエット効果は短鎖脂肪酸だけではなく
腸内フローラを改善させることで得られるます。

よって、ビークレンズ・ラクビ・ビセラの3商品には
大差がないという結論になります。

どの菌種が自分の腸内フローラにピッタリか!

菌種でおすすめ
  • 酪酸菌がぴったりの方にはラクビまたはビセラ
  • 乳酸菌・酢酸菌がぴったりの方にはビークレンズ
  • ビフィズス菌がぴったりの方にはビセラ

どの菌種が自分に合っているかわからない方は

ヨーグルトに入っている菌種で判断できます。

ヨーグルト菌種
明治ブルガリアヨーグルトLB21乳酸菌
ナチュレ恵ビフィズス菌
ビヒダスビフィズス菌

普段食べているヨーグルトの菌種を確認してください。

酪酸菌の入ったヨーグルトは
大手スーパー等では購入できません。

ビフィズス菌入りのヨーグルトを食べても
お腹の調子が改善しない方は

  • ビークレンズ
  • ラクビ

2つの商品をおすすめします。

ビフィズス菌ヨーグルトで効果がなかった方は
ビークレンズがオススメです。

ビフィズス菌が効かない方はこちらをクリック

植物性成分

ビークレンズ・ラクビ・ビセラには
それぞれ異なった植物性成分が入っています。

植物性成分の違いを比較しました。

商品名植物性成分
ビークレンズ難溶性デキストリン
ラクビサラシアエキス
ビセラ植物性キトサン

善玉菌のエサとなる植物性成分です。

ここで注目したいのが2つです。

  • 難溶性デキストリン
  • 植物性キトサン

難溶性デキストリンには

難溶性デキストリンの効果
  • 血糖値を急激に上げない
  • 中性脂肪を下げる
  • 便秘を改善させる
  • 整腸作用
  • 内臓脂肪を減らす
  • ミネラルの吸収を促進する

6つのダイエットに重要な効果があります。

難溶性デキストリンの効果の詳細は
▼こちら▼

出典:大塚製薬 難溶性デキストリン

植物性キトサンには

植物性キトサンの効果
  • 油の吸収を抑制する
  • 老廃物や毒素を排泄
  • コレステロールを減らす
  • 免疫力を高める

4つのダイエットに重要な効果があります

植物性キトサンの効果の詳細は
▼こちら▼

出典:日本キチン・キトサン学会

難溶性デキストリン・植物性キトサンに比べ
サラシアエキスには

食後血糖上昇の抑制効果しかありません。

オリゴ糖

オリゴ糖は菌のエサです。

オリゴ糖が菌の栄養になることで
腸内で菌が増えていき腸内フローラを改善させます。

オリゴ糖が入っているのは

  • ラクビ
  • ビセラ

2つの商品です。

ビークレンズにはオリゴ糖は入っていません。

オリゴ糖が入っていないと
菌が十分に増えないのでは?

と考えてしまいます。

ですがオリゴ糖は普段の食事から摂取可能です。

オリゴ糖を多く含む食品
  • 野菜類
    (玉ねぎ、ごぼう、ねぎ、にんにく、アスパラガス)
  • 果物(バナナ)
  • 豆類(大豆)

出典:ビオフェルミン製薬(株)
腸内フローラをもっと知ろう

オリゴ糖を多く含む食材を意識することで
腸内フローラは改善します。

よって、商品の中にオリゴ糖が入っている必要性もありません。

チャコール

チャコール(炭)が入っているのは
ビークレンズだけです。

チャコールだけでもダイエット効果はあります。

チャコール(炭)は無数に空いている小さな穴に
吸着し排泄することでダイエット効果が出ます。

ダイエット効果以外にも多くの効果があります。

チャコール(炭)の効果
  • 口臭・体臭予防
  • 解毒作用
  • 食品添加物を吸着排泄
  • 抗菌作用
  • 最終糖化物質(AGEs)を吸着排泄

ビークレンズには

  • ヤシ殻活性炭
  • 赤松炭
  • 竹炭

3種類のチャコールが入っているので
チャコールの効果は十分期待できます。

チャコール(炭)は
ビークレンズにしか入っていません。

ビークレンズのチャコールが気になったらここをクリック

酵素・酵母

酵素は体内で起こる化学反応に必要です。

  • 消化
  • 吸収
  • 代謝

すべてのダイエットに関わる反応です。

酵素は体内の5,000種類以上あるといわれています。

ただ年とともに酵素を作り出す力が衰え
酵素が減っていきます。

ビークレンズには酵素が入っているので

  • 消化を助ける
  • 吸収を助ける
  • 代謝を助ける

ことで、ダイエット効果にプラスになります。

次に、酵母は発酵食品でよく知られています。

酵母は腸内で多くの酵素を生み出す役割です。

酵素・酵母の働きで腸が健康になります。

酵母・酵素の効果
  • 糖質を吸収される前に分解
  • 酵母の食物繊維で便秘が改善
  • 免疫力を高める
  • 細胞の新陳代謝を促進
スポンサーリンク

価格・定期購入・解約を比較

ダイエットサプリを続けるときに
価格は必ずチェックしないといけません。

通常価格で比較

ビークレンズ・ラクビ・ビセラは
すべて定期購入が可能です。

ですが、いきなり定期購入をして
効果があまりなかったとなると損をします。

まずは定期購入の前にお試しで購入することを
おすすめします。

商品通常価格
(Amazon)
1日当たり
ビークレンズ3,780円126円
ラクビ3,180円102.6円
ビセラ6,800円226.7円

比較すると分かる通り
ビセラがかなり高額です。

なぜここまで高額になるのかは、わかりません。

ビセラの宣伝では

  • 短鎖脂肪酸をダイレクトに配合
  • 乳酸菌が1袋当たり1兆個
  • 特殊加工カプセル

3つのポイントがアピールされています。

ですが、短鎖脂肪酸は

  • 酢酸
  • プロピオン酸
  • 酪酸

なので、高額にはならないはずです。

では菌の数で比較すると

商品宣伝している
1袋あたりの菌の数
ビークレンズ乳酸菌3,000億個
ラクビ酪酸菌ビフィズス菌500億個
ビセラ乳酸菌1兆個

ラクビは1袋当たりの菌数が最も少ないです。

ビセラにはビークレンズの3倍の乳酸菌が入っています。

ですが3倍入っているからといっても
ビークレンズには多くの成分が入っているので
倍の値段にはならないはずです。

ビセラは腸で溶ける特殊加工のカプセルです。

いかにも特殊なカプセルに聞こえますが、
腸で溶けるくらいは昔からある技術です。

高い理由として考えられるとすると

ビセラは、31種類の菌を配合しているから

かもしれません。

安く作って高く売るのは商売の基本です。

ですが、類似商品がある場合にはきちんと比較しないと損します。

定期購入で比較

ビークレンズ・ラクビ・ビセラは
すべて定期購入があります。

定期購入により、割安で購入できます。

初回価格で比較しました。

商品初回価格
ビークレンズ500円
ラクビ500円
ビセラ500円

すべての商品が、初回500円です。

初回購入から解約縛りまでの価格を比較しました。

商品解約縛り4回購入の価格
ビークレンズ4回19,940円
ラクビ縛りなし8,720円
ビセラ4回12,440円

ラクビが人気なのは

  • 安さ
  • 解約の縛りなし

2つの要因が明らかです。

ビークレンズとビセラの

  • 通常価格の価格
  • 定期購入の価格

を比較すると

ビセラが定期購入に誘導しているのが分かります。

ビークレンズ・ラクビ・ビセラを4ヵ月継続した時の
1回分の価格を比較しました。

商品1回分
ビークレンズ166円
ラクビ70円
ビセラ104円

安さでしたらラクビが最安値です。

続けるなら安さが一番という方には
ラクビがおすすめです。

定期購入が心配な方は

20日間全額返金保証付きの
ビークレンズであれば安心して購入できます。

ビークレンズの
20日間全額返金保証の詳細は

【今すぐここをクリック】からすぐ確認できます。

飲みやすさ・続けやすさで比較

ダイエットサプリを買う場合

飲みやすさ・続けやすさは大きなポイントです。

サプリの剤型から
飲みやすさ・続けやすさを比較しました。

商品剤型
ビークレンズ粉末
ラクビカプセル
ビセラカプセル

ビークレンズだけ粉末タイプ
ラクビとビセラはカプセル剤です。

飲みやすさを比較

カプセル剤のメリットは
飲みやすいことです。

毎日継続するには飲みやすさは大切です。

カプセル剤のデメリットは
飲み込みにくいことです。

普段お薬を飲むときにカプセルが苦手な方は
ビークレンズをおススメします。

逆に粉薬が苦手な方は
ラクビ・ビークレンズをおすすめします。

剤型メリットデメリット
粉末さらっと飲める
ドリンクに混ぜやすい
口の中に広がる
カプセル楽に飲めるのどに詰まりやすい

続けやすさを比較

ダイエットサプリは継続することで効果が出ます。

続けやすさは効果の次に大切です。

ダイエットサプリ成功の秘訣
  1. 効果
  2. 継続

続けやすさ=飽きない

ビークレンズは粉末なので、アレンジが効きます。

  • スムージーに混ぜる
  • ジュースに混ぜる
  • 水・お茶に混ぜる
  • そのままでも飲める

ビークレンズはベリー味なので
特にスムージーにはぴったりです。

ラクビ・ビセラはカプセル剤なので
必ず飽きることがあります。

飲み忘れが多くなると

ダイエットサプリ失敗の流れ
  1. 飲み忘れる
  2. 飲み忘れることが多くなってくる
  3. 効果を感じなくなる
  4. 効果が出ていないと思うようになる
  5. 飲むのをやめる

結局飲む前の状態に戻ってしまいます。

特に腸内フローラを改善させるサプリは
効果が出るまで時間がかかるので致命的です。

続けやすさ=飽きが来ない

アレンジの効くビークレンズがベストです。

ビークレンズのアレンジ方法は
▼こちら▼

ビークレンズのオリジナルアレンジ方法を今すぐ確認

ビークレンズ・ラクビ・ビセラのまとめ

ポッシブル

腸内フローラを改善させるダイエットサプリ

  • ビークレンズ
  • ラクビ
  • ビセラ

人気の3つのサプリを徹底比較しました。

ビークレンズ・ラクビ・ビセラには

  • 菌種の違い
  • 配合されている菌の数の違い
  • 菌以外の成分の違い
  • 期待される効果の違い
  • 価格の違い
  • 継続しやすさの違い

判断材料がかなり多くあります。

今回ビークレンズ・ラクビ・ビセラを比較したことで
タイプ別にオススメダイエットサプリを決めることができました。

ダイエットサプリは最終的に続けることが大切です。

貴方に一番合う腸内フローラ改善ダイエットサプリを
見つけてください。

ビークレンズ

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。